弁護士費用保険 Mikata

もう一つの安心 [弁護士費用保険Mikata]

現代は様々な便利があふれ私達はその中で活用して生きています。 環境の変化についていくのにも努力が必要です。 たとえば、インターネットは便利ですが、それが悪用されるとトラブルになる事もありますまた、相続のトラブル、労働のトラブル、子供のトラブルなども少なくありません。

体のトラブルなら健康保険。では日常生活の法的トラブルは?

皆さんは医療費を支払う際には健康保険証を使います。 法的トラブル・社会トラブルに見舞われた時、あなたを守ってくれるのが弁護士費用保険です。

お医者さんに診てもらうのと同じように、弁護士さんに相談または依頼ができる。そんなシステムが現実となった日本初の単体で加入できる弁護士費用保険です。

弁護士保険Mikataへ未加入の場合・弁護士保険Mikataへ加入済の場合

2つの保険金
保険の補償内容
マンガでわかる「Mikata」
付帯サービスのご案内
突然降りかかる様々な法的トラブル
保険加入のご案内

着手金のリスクを少なくすることができます!

弁護士に依頼するときには通常「着手金」が必要になります。着手金は、弁護士に依頼した事項が思い通りの結果にならなくても、戻ってこない費用です。成功するかわからない案件の場合、着手金リスクに躊躇(ちゅうちょ)して、泣き寝入りしたり、対策が遅れて深刻化したりする場合があります。 弁護士費用保険【Mikata】では「着手金の全部または一部を保険金でまかなう」ことで着手金リスクを軽減することを目指しました。着手金リスクを減らすことで、泣き寝入りを防ぎ、早期対策を行えるようにしたいと考えたからです。

法的トラブル対策の費用の全部または一部を保険金でカバー

法律相談料と着手金の費用をカバーすることで法的トラブルの早期解決が可能になります! 交通事故に遭い、重傷を負ったので、加害者に損害賠償請求をした。弁護士に相談したところ、請求額としては1000万円程度が妥当であると告げられたが、加害者が加入する自動車保険会社からの提示額は500万円であったので、訴訟を提起し、その結果、1000万円の勝訴判決を得て、任意に全額回収できた。 Mikata保険に加入していないときに勝訴した場合、104万7000円の負担 【費用負担分の104万7000円全額の保険金が支払われます】 Mikata保険に加入しているときに勝訴した場合、負担なし Mikata保険に加入していないときに敗訴した場合、36万7000円の負担 【費用負担分の36万7000円全額の保険金が支払われます】 Mikata保険に加入しているときに敗訴した場合、負担なし



ご検討・お申込みに関しては、重要事項説明書(「(契約概要)・(注意喚起情報)」)のほか「普通保険約款」・「保険金および保険料に関するQ&A」を必ずご確認下さい。 PV2015 営推001201510